3D技術で新しい時代の扉を開く

リアルタイム3Dデータレコーダ『Duo』

3DデータレコーダDuo・トップ画像

空間情報(XYZ)を録画できる3Dデータレコーダ『Duo』。3次元空間をそのまま記録するため、よりリアルに状況を再生できます。

Duoの特長


Duoとは? 動画でご紹介


特長1・空間情報(XYZ)を記録

Duoアプリ画面

従来の2D映像の平面情報(XY)に加え、奥行情報(Z)も同時に記録します。
最長40分間録画できるので、時空間をまるごと再現できます。
録画時・再生時とも、3Dデータ/2Dデータ/深度データを並べて表示可能。


特長2・暗闇でもOK!

Duoモノクロデータ

赤外線センサが、暗闇でも空間情報をとらえ、記録します。
また、30fpsのフレームレートで、物体のすばやい動きもとらえます。


特長3・リアルタイム3Dプレビュー

Duoデータ回転

再生時はもちろん、録画中でも3Dデータを自在に回転・拡縮して見ることができます。 従来の2D映像ではつかみにくい距離感も、リアルに再現できます。


特長4・静止画切出し

Duo静止画取出し

録画・再生・一時停止機能に加え、動画の1コマを3D静止画データとしてかんたんに切出しできます。


特長5・その場で計測

Duo計測

3Dデータ上の2点を選んで、距離計測ができます。
メジャーを持ち出さなくても、手の届かないところでも簡単に測長可能です。
※この機能は現在開発中です。


Duoの主な仕様

動作距離 0.8 m ~ 9 m
視野角 (Horizontal, Vertical, Diagonal) 58°H, 45°V, 70°D
解像度 640 pixel × 480 pixel @ 30 fps
320 pixel × 240 pixel @ 30 fps
XY空間分解能 (距離 0.8 m) 1.4 mm
Z空間分解能 (距離 0.8 m) 2.2 mm
装置サイズ 180 mm × 35 mm × 50 mm
ケーブル長 1.5 m (延長ケーブル使用で最大30 m)
連続録画時間 640 pixel × 480 pixelで最大15分
320 pixel × 240 pixelで最大40分
動作要件 OS:Windows7以降 メモリ:4GB以上 CPU:Intel Core(i3, i5, i7) GPU:AMD Radeon HD 5450 以上
※Duoセンサおよびアプリケーションは、Windows7以降のPCで動作します。

製品カタログ

製品カタログは、以下のリンクをクリックしてダウンロードできます。

3Dデータサンプル

Duoデータ
Duoで石膏像と室内を3D動画で録画後、3D静止画として取り出したものです。 マウスドラッグまたはスライドで回転、マウスホイールまたはピンチイン/ピンチアウトで拡大縮小し、360度方向から確認できます。
※上記データサンプルをご覧いただくには、ご使用のブラウザがWebGLに対応している必要があります。主なブラウザのWebGL対応状況は以下の通りです。
IE:11以降、Chrome:41以降、Firefox:37以降、Opera:27以降、Safari:8以降、iOS Safari:8.3以降

3Dデータサンプルのページより、他の3Dデータ、3Dモデルのサンプルをご覧いただけます。
Copyright (C) 2002-2015 Noa.co.Ltd All Rights Reserved