3D技術で新しい時代の扉を開く

『高分解能3Dスキャナ』

高分解能3Dスキャナ・トップ画像

高分解能3Dスキャナの特長

高分解能3Dスキャナとは? 動画でご紹介


製品の特長

  • 位相シフト法を用いた3D計測により、最高分解能0.1mmを実現しました。
  • 3次元形状とカラーテクスチャー画像を同時取得するため、3次元測定計測に従来の2D画像処理を追加することができます。
  • 自社開発品なので、ご要望に応じたワークサイズに対応可能です。
  • 試料台も含めたトータルシステムの構築も可能です。


データ計測事例

高分解能3Dスキャナ計測事例

高分解能3Dスキャナの主な仕様

視野角 (Horizontal, Vertical) 48.5°H, 24.0°V
対物距離※ 200mm
測定時間 最短1.0秒
出力データ形式 PLY
※対物距離…光源全面基準、撮影全領域で計測可能となる距離。ご要望に応じて調整可能です。

製品カタログ

製品カタログは、以下のリンクをクリックしてダウンロードできます。

Copyright (C) 2002-2018 Noa.co.Ltd All Rights Reserved